前編の続きです

IMG_2286
んー、やっぱり種がないとさみしいかも


IMG_2287
柿の果実と皮のオレンジ色や質感の差が出せるかがポイント。


IMG_2288
スパッとした切り口も出したいですね


IMG_2289
もちろんヘタが最大のポイント。


IMG_2290
やさーしく攻めています。


IMG_2291
いろいろなオレンジ色の色えんぴつ、とってもきれい


IMG_2292
あいかわらず、よーく観察していますね


IMG_2293
きれいなグラデーションが出せるかな?


IMG_2294
奥行き感も出したいですね


IMG_2299
んー、この日のヨコハマも快晴


IMG_2330
完成です
柿らしい暗褐色部分がおいしそうですね!ヘタの厚みも表現できました


IMG_2332
前回の課題を仕上げてきてくれました
金属の質感が上手く出せましたね!鮮やかな仕上がりで美しい


IMG_2333
こちらの生徒も完成です
種は入ってなかったものの、種の跡の表現が良くできてますね!ヘタの色味もいい感じです


IMG_2334
こちらの生徒も完成です
こちらの暗褐色もイイカンジです。これはタンニンという成分で、柿が甘い証拠なんだそうです


IMG_2337
前回の仕上げ作品です
形態感が意識できましたね!細かいレタリングも、丁寧に描けています


IMG_2339
こちらの生徒も完成です
切り口のスパッと感がすばらしい。皮との色味の違いもよく出せています


IMG_2340
前回の仕上げ作品です
使いかけのチューブらしい、くぼんだ所と絵の具の詰まったところの表現ができています


IMG_2343
こちらの生徒も完成です
カリッとしたまだ硬い柿のムードが出ています。ヘタもみずみずしく描けましたね


IMG_2345
前回の仕上げ作品です
オペラピンクにしてはちょっと色味が暗くなってはいますが、白抜きのレタリングがスバラシイ!
根性のいる作業です


IMG_2347
こちらの生徒も完成です
種の跡、暗褐色、ヘタの色味の美しさなどバランスのとれた作品。
柿らしさが出ています


IMG_2348
前回の仕上げ作品です
形態感を意識して描けました。
白い紙や塗料の色など、表現しにくい色が多いですが、グレーの使い方をいろいろ試せたようです


IMG_2350
こちらの生徒も完成です
皮に反射する光までよく観察していますね。
ヘタの色味も柿によっていろいろ。白っぽく乾燥したヘタも美しいですね


IMG_2352
前回の仕上げ作品です
形がかなり正確に取れています。意外とだ円のむずかしいモチーフですが、美しく描けています


IMG_2354
こちらの生徒も完成です
ヘタがダイナミックに表現できています。ヘタを主役にしているのがよく分かりますね


IMG_2356
前回の仕上げ作品です
アルミの質感が見事!手前に暗いものを置いたかな?ちょっとした工夫でグッと魅力が増しますね


IMG_2357
こちらの生徒も完成です
とても丁寧に塗りこまれています。オレンジ色のグラデーションが素晴らしいですね


IMG_2360
前回の仕上げ作品です
キャップの形が少し正確ではないですが、チューブ部分はとても良く描けています。
絵の具がたっぷり詰まった感じがよく出ていますね

今日の記事はこれにておしまい