今日の記事は出張教室、朝日カルチャー横浜「色えんぴつのやさしい絵画」教室のご紹介です

IMG_2245
いつものように、一足お先に僕が描いてみたいと思います
今回のモチーフは、柿と種です!


IMG_2247
まずは色えんぴつで下描きから
配置がすごく大切ですね。


IMG_2248
なかなか良い配置になったかな


IMG_2249
影も一緒に描き進めていきます。


IMG_2251
皮と果実とヘタと種。4つの質感をださないと。


IMG_2254
種はこの柿から取ったものなので、切り口に種のくぼみがあります。
今回、種もモチーフとして描くために、どこを切ったらちょうどよく種が出てくるか研究したんですよ
おかげで、イイカンジで種が出てきました


IMG_2255
細部を描き進めると、一時的にバランスが悪くなります。
あとでまた全体のバランスを整えていかないと

IMG_2257
ここで手前の種を描いていきます。
ツヤツヤした質感を出して


IMG_2264
柿のくぼみもけっこうツヤがあります


IMG_2269
おいしそうになるかな?


IMG_2278
完成です


IMG_2280
その後、横浜へ到着すると、問題発生
種ありの柿を用意したはずですが、種の出てくる角度で切っても切っても、出てきません

どうやら「種あり」として売られていても、入っていないことが多いみたいですね。
「種ありを買ったのに、種が入ってないじゃないか!」と言うお客さんは、絵を描く人だけということね
今回のモチーフのポイントだったのに、残念…


IMG_2285
気を取り直して、黒板レクチャーしてスタートです

今回の記事はここまで。
つづきはまた明日UPします