9月に出版された絵本「ちかてつてっちゃん」では、地下鉄のリアルなお話の絵を担当させていただきましたが、今回の絵本「きしゃのゆ」は、なさそうでありそうな”汽車のための銭湯”の物語を「作・絵」共に僕らで作りました

IMG_0110
福音館書店 こどものとも 2016年12月号
「きしゃのゆ」 尾崎玄一郎 ・尾崎由紀奈 作 420円(税込)

冷たい雨の中、森で迷った新米の蒸気機関車の「ごうた」が、汽車のための古い銭湯「きしゃのゆ」に偶然たどり着くことから物語が始まります。
きしゃのゆをドキドキ覗き込む「ごうた」と一緒に、ぜひのれんをくぐってみてください。
 

きしゃのゆ72カット

この絵本は、福音館書店での前作「おしいれじいさん」が印刷される前から始めていた作品です。
より良い物語にブラッシュアップするのに5年くらいかかりましたが、ようやく形にすることができました
最近めっきり寒くなりましたので、読んで温まっていただけたら嬉しいです

こどものともは基本的には定期購読なのですが、書店で「きしゃのゆ」だけお取り寄せすることは可能です。お近くの書店で、『福音館書店の、こどものとも2016年12月号「きしゃのゆ」を取り寄せて』と伝えてください。

福音館書店の「きしゃのゆ」のサイトはこちら

よろしくお願いいたします