本日の記事は、10月から始まった朝日カルチャーセンター横浜教室「やさしい色えんぴつ教室」のご紹介です
今回は、3か月続いた講座のラスト日。前回のモチーフの仕上げに入ります

IMG_2573
細かいかごの網目を、よく描いていますね さらに立体感の出しかたをレクチャーしていきました。

絵を描いたことのある人なら、皆さん経験があると思いますが、絵は描きだした時はすごくフレッシュな気分で調子のいいものです
でもしばらく自分の絵に付き合っていると、フレッシュな気持ちは薄れ、大なり小なり壁にぶつかり始めます。
2回目である今回が、その魔の時間。大切なタイミングです。
一人一人キャリアも個性も全く違うので、一人一人アドバイスを変えてレクチャーしていきます


IMG_2575-2
こちらは、あたたかなムードが背景によってうまく表わされています


IMG_2576
こちらの生徒さんは、色彩の発色がとても良いですね!
しっかり筆圧をかけることで、色えんぴつの美しさが生かされるのです


IMG_2577
まるでロミオとジュリエットみたい!


IMG_2578-2
カッコイイ構図です!ここからが勝負ですね


IMG_2579-2
今回のモチーフの中で、一番むずかしい毛糸を、上手に表現しています!


IMG_2580
こちらもかなりチャレンジングな構図ですね。スバラシイ


IMG_2581-2
このままで完成でも良いですが、これからが本当の楽しい時間です。


IMG_2582
前回お休みされた方も参加してくれました。2時間半でどこまで描けるかな?


IMG_2583-2
かなり描きましたね!
でも本当にここからが勝負なんです


IMG_2584-2
相変わらずスバラシイです。攻めていますね
何も言うことはありません。


IMG_2585-2
この生徒も前回お休みしていたので、今日からです。
あっという間に構図も決めて、サクッと制作を始めました。スバラシイ決断力ですね。


IMG_2586
かなりバランスよく描けていますね
まさにここから魔の時間です。しっかりと気を引き締めて描き進めていきましょう!


IMG_2587-2
モチーフを一度自分の中に取り込んで、しっかりとした考えを持って作品作りをしています。
スバラシイ


IMG_2588-2
繊細なタッチで美しく描けていますね!
ここからどう攻めるかで、ガラッと仕上がりが変わりそうです


IMG_2589-2
カッコイイ構図ですね!
狙いのはっきりとした構図ですから、ここからどう描いても成功するでしょう。
構図はそのくらい大切なのです。


IMG_2591
このように、一人一人の個性に合わせて、ここからどう描いていくかを具体的にレクチャーしていきます


IMG_2594-2
ある生徒さんは、自由作品をもってきてくれました。
※クリックすると大きく表示されます。


IMG_2595
旅行のレポートを、色鉛筆を使って表現しています。
さすがですね!


IMG_2596
画面から楽しさがズンズン伝わってきます
一度の旅行が何度でも、そしてこれを見ただけの人にも楽しめる作品ですね!


IMG_2597
こちらの生徒さんは、構図がいいのでひとまず安心ですが、さらなる高みを目指してレクチャーします


IMG_2600
こちらも前回見せていただいた自由作品を仕上げてきてくれました。
ご本人には構図に少々問題点があることをお伝えしていましたが、最後までキッチリと気持ちを込めて仕上げたおかげで、かなり見ごたえが出ましたね スバラシイ!

今日の記事はこれにておしまい次回後編は、完成作品のご紹介です。